CADオペレーターになるには?資格や年収、仕事内容について

CADの仕事を探していて、求人情報を見ると必ず目に飛び込む「CADオペレーター」。今回はCADオペレーターの仕事内容や応募に有利な条件、気になる年収などをご紹介します。

CADオペレーターは何をする仕事?

CADオペレーターはCADソフトを利用し、設計士やデザイナーが提案した形を、図面をデータ化する仕事です。

身近なもので例えてみましましょう。
家を購入しようとします。設計士が考えた内容を口で説明されても、ピンときませんよね。
それを誰でもわかりやすいように、具体化するのがCADオペレーターの仕事です。
家の設計図を見ると、どのような家が建つのか、どんな間取りなのかわかりやすいですよね。

そして、CADで作られた図面を基準にものが作られるため、イメージしたものと出来上がるものが統一されます。

「イメージを具体化する」これがCADオペレーターの仕事です。

CADというと建築業界をイメージされる方が多いと思いますが、今はアパレル業界や工業デザインなどでも高い需要があります。
建築業界はもちろんさまざまな分野で、CADオペレーターは欠かせない存在となっています。

 CADオペレーターに必要なスキル

CADオペレーターに必要なスキルは「コミュニケーション能力と想像性」といっても過言ではありません。

建物ができるまでのプロセスを簡単に見てみましょう

  1. 設計士が建物のイメージなどを提案する
  2. 設計士のラフスケッチなどを元に、CADオペレーターがCADソフトを利用し図面化する
  3. 建築会社はCADオペレーターが作図した図面をもとに建物を建てる

このように見ていただくと、間にはさまれる存在がCADオペレーターとなります。
設計士のイメージを具体化するためのコミュニケーション能力と想像性、建築会社に伝えるスキルこれらが必要になるのです。

これはどのような職業でも必須ですよね。
一般企業で「ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)」などといわれているものの、クリエイティブ版だと思っていただけたら幸いです。

また、CADオペレーターは図面だけ描いていればいいかというと、そうでわけではありません。必要書類の作成やコミュニケーションを取る手段として、Excel、Word、PowerPointなどの一般的な知識やスキルを身に着けておくことも大切です。

CADオペレーターの年収は?副業も可能?

一般的なCADオペレーターの年収は300~400万円、パートやアルバイトの場合は時給1200~2000円前後の募集が多くみられます。
ただ、今までのCADの経験や、使用できるソフトによっても、収入は変わります。

初心者の方は、CADで図面を作図する経験を積み、ステップアップしていける楽しみがあります。
努力をすればするほど、収入に反映するのもCADオペレーターの特徴といえます。

副業としてCADオペレーターの仕事をされている人も多く、育児をしながら自宅で仕事をしたいという方にも、人気がある仕事です。
また、フリーランスでも働きやすいという利点もあり、自分の時間を有効に使いながら、きちんとした収入を得たい方にもCADオペレーターはおすすめの仕事です。

CADオペレーターの募集に有利な条件とは?

CADオペレーターの募集に合格するために有利な条件は経験です。
・スクールで学んだ
・企業でCAD経験を積んだ
このようなことが履歴書に書けると有利になります。

スクールで学んだ方はどのソフトを使えるか?どのような機能を使えるか、具体的にアピールをすることもおすすめです。
また、これから習得したいことや、今勉強をしていることなど「これからもっとスキルアップしますよ」というアピールもとても大切です。

他には、資格を取ることもひとつの手段です。
CADにまつわる資格の一例をご紹介します。
・CAD利用技術者試験
・建築CAD検定試験
・オートデスク認定資格プログラム
・Vectorworks操作技能ベーシック認定試験
主にこの4つが有効だといえます。

資格をとることは、ご自身がCADをどれくらい操作できるのか判断をする目安にもなります。
また、スクールなどで勉強をしていて何を目標にしていいか迷ったときは、資格取得を目標にすると学習効率や、やる気アップにつながるためおすすめです。

※おすすめ記事:
 「【CADの資格】就職・転職を有利にする資格とは?

手に職の時代、CADの経験は形を変えていつでも役立つ

手に職をつけることは、ご自身の可能性を増やし、自分の価値を上げるための手段です。

CADは在宅ワークで仕事ができるため、遠隔地からでも希望の会社で働ける可能性があります。また、ブランクがあっても、経験があれば有利なCADオペレーターは、出産や育児、ご結婚をされた方や、定年後の仕事にも適しています。

働きたいときに仕事ができることは素晴らしいことです。
CADの技術を身に着け、自分らしい生活を手に入れて暮らしを豊かにしてみてはいかがでしょうか。

CADを学ぶならGRAISE。専任のMeisterがアシストをします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です