CADは初心者でも習得できる?

 このBRINGROWのブログやHPをご覧になっている方のなかには、「CADは全くの未経験」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には、「CADに興味はあるけれど、勉強して役に立つのかな」「未経験の自分にCADが操作できるようになるのかな」といった不安が少なからずあるのではないでしょうか。
今回はそんな不安にお答えすべく「CADは初心者でも習得できるのか」をテーマに考えてみたいと思います。

誰でも最初は初心者

 何事においても初めてのことに挑戦するときには「誰でも最初は初心者」です。

 ヒトの赤ちゃんだって最初から歩けるわけではありません。生まれたばかりの赤ちゃんは一人で座ることもできません。まずは座ることを覚え、その次にハイハイで動くことを覚え、つかまり立ちをし、やっと最初の一歩を踏み出すのです。一歩を踏み出すまでにかかる時間も赤ちゃんそれぞれです。一歳になる前に歩き出す子もいれば、一歳半になってようやく歩き出す子もいます。
 CADも同じではないでしょうか。最初から何も練習せず教わらず、使いこなせる人なんていません。学校で先生に習いながら、仕事で必要に迫られながら、独学でテキストを見ながら、実際に操作しながらいろいろな操作を習得していきます。一通り使えるようになるまでの時間も一概には言えないかもしれません。それでも「CADを勉強する!」「CADをマスターして○○になる!」といった目標や熱意があれば必ず習得できます。
 BRINGROWの講師陣も皆はじめは初心者でした。初心者だからといって躊躇するのは勿体ないことだと思います。

学歴や資格が必須ではない

  CADを使って仕事をするCADオペレーターの仕事は、必ずしも学歴や資格が必要ではありません。もちろんCADの知識やスキルを証明するために、資格を持っていれば有利にはなります。ですが、たとえばお医者さんのように「大学の医学部に入り、医師の国家資格に合格しなければならない」だとか、幼稚園の先生のように「大学院や大学または短大で学び、幼稚園教諭免許の国家資格に合格しなければならない」といった制約はありません。CADオペレーターのなかには「未経験可」といった求人募集もありますので、応募し採用されればすぐにCADオペレーターとして仕事を始めることも可能です。

CADオペレーターの働き方

 改めてCADオペレーターとは、一言でいうと「CADを操作する人」です。役割はその会社や職種によって様々ですが、一般的には設計者やデザイナーが考えたプランを、CADを使って作図する仕事です。

 経験の浅いうちは、設計者やデザイナーが書いた下図をトレースする(写す)ような仕事や、簡単な図面の修正が中心かもしれませんが、経験を重ねて知識も増えていけば、設計に近い仕事も任せてもらえることもあるでしょう。以前「CAD初心者が解説!CADって何?」の記事でも紹介しましたが、CADは幅広い業界で活躍しています。働き方も正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートや、最近ではフリーランスとして在宅で仕事をしているCADオペレーターも少なくないようです。CADオペレーターは様々な働き方が選べる仕事だと言えるのではないでしょうか。


初心者におすすめの勉強法

 では、CAD未経験の方におすすめの勉強法についてご紹介します。CADを勉強する方法としては大きく「独学で勉強する」「スクールや学校に通う」のいずれかに分けられると思います。が、BRINGROWのおすすめはズバリ、両方です。

 「最初から最後まで全部独学でやろう!」、この決意はすばらしい!巷には多くの解説本やテキスト、インターネットでも初心者向けCAD解説webサイトが多く存在していますので、独学でやろうと思えばできないことはないと思います。人に教わるよりも時間がかかる分、苦労して覚えたことはしっかり身に付くというメリットもあるでしょう。ただ、分からないことを解決するのが大変、一通りの操作を学習するまで時間がかかりすぎてしまうなどのデメリットもあります。

 そうしたデメリットを解決するため、ぜひプロに教わることも試してほしいのです。プロといっても「CADの操作がプロ」と「CADを教えるプロ」はまた別の話です。プロに直接質問することで、その質問の内容だけでなく、本当につまづいていた箇所まで気づいて教えてもらえるかもしれません。

 BRINGROWの講師陣は実務でもCADを使っていた経験はもちろん、講師歴の長いベテランスタッフが揃っています。ぜひ一度弊社HPをご覧いただき、お気軽にお問合せください。